電話占いで稼ぐコツ

電話占いは稼げないし儲からない?そんな時の改善策とは

電話占いは稼げないし儲からない?

電話占い稼げない儲からない・・・

もしかするとあなたはそう思っているのかもしれません。

しかし本当は、あなたが想像する以上に稼げるし儲かる仕事なんです。

と書くと

「じゃあなんで私はそうなれないの?」

と疑問に思うかもしれません。

という事で今回は、どうすれば電話占いで稼いだり設けられるか?の改善策をご紹介したいと思います。

もっと占いを仕事にしたい!そう思っているなら参考にしてくださいね。

 

電話占いは本当に稼げないし儲からない仕事なの?

実は先日、なかなか思うような結果が出ない占い師さんからご相談を頂きました。

「他の人も同じように殆ど収入にならないんですか?」

いえいえ、そんな事はありません。

じゃあ思いますよね?

自分とそんな人の鑑定の違いって何?って。

色々な生徒さんを見ているとよく分かるのですが、実は100万かせぐ占い師さんと10万稼ぐ占い師さんには大きな差ってないんです。

しかし違うんです。

ちょっとした部分が・・・

そしてこの部分さえ改善できるようになれば、あなたもトップ10入りできるくらいの人気占い師になれるのです。

 

電話鑑定で儲けたい!もう考えた時に見直すところとは

まずあなた自身の鑑定を振り返ってみて下さい。

もしあなたが

  • 相談内容の鑑定結果だけを伝えている
  • お客様の質問にだけ答えている
  • 聞かれてもないのに鑑定結果を話している

こんな鑑定を行っているなら、なかなか思うような結果は出ません。

電話もそうですが、チャットや対面鑑定も同じなのですが、鑑定士さんとお客様の言葉のキャッチボールで鑑定は進展していくのですが、このキャッチボールが変だとなかなか分数や件数は増えないし、リピーターさんも増えない(´;ω;`)ウゥゥ

しかしこの小さなズレが改善されると、驚くほど色々な部分が延びていくのです。

今回はこれらについて「どうすれば良いか?」を書いてみたいと思います。

 

電話占い師として稼ぐなら相談内容を深く考えよう

まず最初は

「相談内容の鑑定結果だけを伝えている」

という問題。

相談内容の鑑定結果を伝える事が悪い訳ではありません。

しかしそれで終わってしまうから問題なんです。

そこで考える事は・・・

  • その悩みは本当の悩みかどうか
  • 鑑定結果に何を求めているか
  • 占い師に何を求めているか

の3つです。

お客様によって変わるのですが、安心が欲しい人、真実が知りたい人、話を聞いて欲しい人、と、この仕事をしていると様々な依頼者様がいる事に気づきます。

だからこそ、相談という悩みを解決するために依頼はして頂くのですが、何を求めて依頼しているか?を考える必要があるのです。

安心が欲しい人に最初から真実を言っても納得してもらえませんよね?

話を聞いて欲しい人に鑑定結果だけを伝えても満足しませんよね?

というように、目の前にいるお客様が何を求めて依頼しているか?

そんな部分を一度考えてみて下さい。

 

稼ぐ占い師は質問にだけ答えてはいない

次に「お客様の質問にだけ答えている」という問題です。

これはいつも生徒さんにもお話するのですが、お客様の質問に答えているだけだと分数は基本的に短いはずです。

中には凄く話してくれる方だと長時間という場合もありますが、それはあくまでも相手があれこれ聞いてきてくれるから。

そうではなく例えば

「彼は私の事をどう思っていますか?」

という質問に

「彼はあなたの事を良いなと思っています。」

すると

「でも、なかなか彼からLINEの返信が来ないんです。何故ですか?」

こんな感じで相手の方が聞いてきてくれると、鑑定士さんとしては占いやすいですよね?

しかしお客様が聞きたい事を聞き終われば、それで鑑定は終了。

当然知りたい事を伝えたのですからリピーターさんになってくれてもおかしくはありません。

なのにこのような鑑定をしてしまうと、リピートしてくれる方はごくわずかなはず。

何故なら、誰に相談しても似通った答えだから別に次に相談する時にあなたを選ぶ必要がないからなのです。

なので、このような鑑定をもししているなら、お客様が本当に悩んでいる事が何か?を考え、その本当の悩みに到達できるような鑑定をしてみるのがおすすめです。

 

占い相談をされていないのに勝手に占う占い師

最後は「聞かれてもないのに鑑定結果を話している」という問題。

これは自分では気づいていない人が多いのですが、結構よくあるパターンです(;^_^A

例えば

「転職をしたいのですがいつなら良いですか?」

こんな悩みだったとします。

すると占いますよね?いつが良いかを・・・

しかしどうしても、その依頼者様の健康運が気になる。

こんな時、つい言ってませんか?

「最近体調はいかがですか?」

って。

この質問は悪い訳ではないのですが、最初の悩みとあまりにもかけ離れている場合、突然言われてもお客様からすれば

「???」

それこそ

(別にそれはどうでもいいんだけど)

なんて思われてしまうのです。

という事は、基本的には最初の相談内容からそれすぎない事!!

もし逸れるなら、違う方向に持って行くテクニックが必要になるので、まずは本題からそれないように気を付けてみて下さい。

⇒ 【関連記事】 電話占いの占い師が大変だと思っている人のための3つの改善策

 

電話占い師は稼げるし儲かるから改善しよう

沢山の結果を出している鑑定士さんを見ていると、この仕事ってかなり稼げるな~と思っています。

当然そこには待機するという大変さはあるのですが、それはどんな仕事でも同じ事。

そして占いは、あなたの腕一本にかかっているのですから、成功したいと考えているならまずはあなたの腕を磨く必要があるのです。

あくまでも占いというツールを使いながら依頼者様の悩みを解決していくのが占い師。

そして言葉をいかに使うか?で折角出した鑑定結果の捉え方も変わってくるのですから・・・

もしあなたがこれから

「鑑定士で成功するぞ!!」

と思っているなら、今回ご紹介した中から今すぐにでも改善出来そうな部分があれば試してみて下さいね!


プロ占い師のコツを無料で配信中!占いで稼ぐ無料メルマガ配信中





関連記事

  1. 電話占いは稼げない、儲からないと思った時に見直す3つのポイント
  2. 電話占いで稼げる人と稼げない人の一番大きな違いは素直さ 電話占いで稼げる人と稼げない人の一番大きな違いは素直さ
  3. 副業の電話占いで稼げる占い師になるためのヒントとは? 副業の電話占いで稼げる占い師になるためのヒントとは?
  4. 新米だけど電話占いで稼ぐ 要注意!電話占いの新人占い師さんに稼ぎをあっさり抜かれるかも!
  5. 電話占いで稼げないのは相手の知りたい事を鑑定していない事が原因 電話占いで稼げないのは相手の知りたい事を鑑定していない事が原因
  6. 占い師で独立するなら電話占いは必要不可欠!良い鑑定を提供しよう 占い師で独立するなら電話占いは必要不可欠!良い鑑定を提供しよう
  7. 電話占いで稼ぐならアドバイスや打開策はしっかりと伝えよう 電話占いで稼ぐならアドバイスや打開策はしっかりと伝えよう
  8. 電話占いで5分や10分で切られるなら占いで開業する事は難しい 電話占いで5分や10分で切られるなら占いで開業する事は難しい

ピックアップ記事

  1. 電話占いで稼ぐにはタロット以外にどんな占い方法があれば良い?
  2. 電話占いで稼ぐならアドバイスや打開策はしっかりと伝えよう
  3. 【ネット集客】占いサロンを開業したら無料ブログから始めよう

おすすめ記事

電話占いのオーディションの合格率ってどれくらい?落ちた時の参考に 電話占いのオーディションの合格率ってどれくらい?落ちた時の参考に

電話占いのオーディションの合格率を聞かれる事が多々あるのですが、特に落ちた時はやはり気になりますよね…

占い師の言葉は伝わっていない!占いで稼ぐなら言葉をしっかり選ぼう

占い師さんは一生懸命言葉で占い結果を伝えるのですが、実はその言葉・・・お客様には伝わっていません。…

電話占いのオーディションってどんな鑑定をすれば合格するの? 電話占いのオーディションってどんな鑑定をすれば合格するの?

電話占いのオーディションになかなか合格しない。何度挑戦しても落ちてしまう。きっとこの…

other

  1. 副業の電話占いが本業に!自宅で占い師として開業するタイミング
  2. 占い相談のアドバイスや具体的に細かな事を聞かれた時の対処方法 占い相談のアドバイスや具体的に細かな事を聞かれた時の対処方法
  3. 電話占いのオーディションに受かるために知っておきたい3つの事 電話占いのオーディションに受かるために知っておきたい3つの事

LINE@では稼ぐ占い師のポイントをお伝えします

理想の占い師を目指そう!
友だち追加

ID検索は
@qji2586d

プロ占い師のコツを無料で配信中!

占いで稼ぐ無料メルマガ配信中

ブログの集客を上げよう! 占いブログに集客する最強ツール

カテゴリー記事一覧

  1. 占い師が信用してもらう方法!話し方や鑑定結果の伝え方を勉強しよう
  2. 占い相談で恋愛の中でも復縁系が難しく鑑定結果がうまく伝えられない
  3. クライアントさんが望まない占い結果が出た時の占い師の伝え方
  4. 文字数のチャット占いは文章を減らし負担を少なくするのは正解?
PAGE TOP